移転






[an error occurred while processing this directive]
海藻問屋特選海藻 > 三陸産 マツモ
マツモ販売は海藻問屋

≪三陸産 焼きマツモ)≫

〜 高級料亭直行の高級珍味 〜

昨年、TV番組で、「マツモ」にはカロテンが海苔の10倍以上もあると紹介され大人気となりました。

一般にはなじみの薄い海藻で、市場には出回りません。高級料亭直行です。

北海道と三陸を中心に、北日本の海岸の潮間帯の岩礁に生育する海藻です。

松の新葉を思わせる形と、お吸い物などにはなした瞬間、鮮やかな緑色に変わり、あたかも松の小枝を散らしたように広がることから松藻と称されます。

別名、マツボ、とかマツセノリともいわれます。 昔から、その風味と風情で食通の間で珍重されてきました。

ツルツルしたぬめりと歯ざわりのよさが抜群で、冬から春先の若い個体は酢の物として、
その独特のシャッキッとした歯触りが賞味されます。

 ━━━━━━  マツモ 〜 三陸の海のかおり  ━━━━━━
マツモ(ナガマツモ科)は褐藻類です。
形が松葉に似ていることからその名があります。俗にマツボ(松穂)ともいいます。
北海道と三陸を中心に、北日本の海岸の潮間帯の岩礁に生育します。
色は暗褐色で、全体にぬるぬるしています。
冬から春にかけて成長し、夏には消滅します。長さは約30cmくらいになります。
『本朝食鑑』には、マツモは「参州、遠州の海浜にある。石上に生えて、緑色をしている」とありますが、これはほかの海藻の間違いのようです。
マツモは太平洋沿岸北部から犬吠崎あたりまでしか生育しておらず、色も緑色ではなく暗褐色です。採取時期は12月から4月ごろです。
マツモは寒い2〜3月に採ったものが柔らかくて香りもいいですね
と三陸の沿岸に住む主婦は語ります。

しかし、そのころの三陸海岸はシケや雪風の日が多く、なぎの日はめったにありません。
マツモは岩場に生えていますから、足場と波にとくに注意がいるのです。
さらにワカメの採取時期とかさなるためにマツモはたくさん採っている暇がないのです。

マツモは三陸の特産でもありますが、その風味や歯ざわりは珍味といえるでしょう。
そのうまい食べ方は
「やはり、酢物でしょうね。お酒のつまみに最高です。お味噌汁も磯の香がプーンとにおって、何とも言えません」と 語ります。

三陸の三月下旬。 小さなあかりのような、マンサクの咲きはじめるころが、マツモのおいしい季節といわれます。



採ったばかりの「まつも」を平のりのように、薄い板状に広げて乾燥させ、素干し「まつも」を作ります。

さらに長期間ご賞味いただけるよう、遠火で炙ります。
炙ることにより、磯の香りがいっそう増すのです。

  • 味噌汁、お吸い物等にそのまま放したり、酢味噌あえ等も美味
  • 揉んで、パラパラとご飯にかけても、美味満点です。
<三陸産>焼きマツモ
価格:1100円(税別)
名称:  焼きマツモ 
原材料:   まつも
産地:   岩手県
内容量: 約15g
賞味期限: 1年
保存方法:   冷暗所
(高温多湿を避けて保存してください



採ったばかりの「まつも」を天日乾燥し、平海苔のように、薄い板状に広げて乾燥させたものです。

焼きマツモと違い、焼き加工しておりません。

北三陸、普代村の特産品です。
きめ細かなマツモが特徴です。 

  • 味噌汁、お吸い物等にそのまま放したり、酢味噌あえ等も美味
  • さっと炙って揉んで、パラパラとご飯にかけても、美味満点です。
<三陸・普代村産>乾燥マツモ
価格:900円(税別)
名称:  乾燥マツモ 
原材料:   まつも
産地:   岩手県 普代村
内容量: 1枚約20p×19p位 (全型)
賞味期限: 30日
保存方法:   冷蔵庫 10℃以下で保存
(高温多湿を避けて保存してください

 

(沖縄県、船便地区、島嶼地区は10,000円(税別)以上お買い上げで送料無料)
商品名 商品番号 入り数 税込価格 ご注文数量
三陸産 焼きマツモ TK1124 約15g ¥1100円(税別)
三陸産 乾燥マツモ  TK2124 1枚約20p×19p位 (全型) ¥900円(税別) 完売しました
表示価格はすべて「税別価格」です。

  
 
↓引き続きお買い物をされるなら↓

商品一覧ページへ



[an error occurred while processing this directive]




[an error occurred while processing this directive]